タユタマ -Kiss on my Deity- 第6話「比翼の鳥」

応龍に憑かれた黒アメリのせいで力が減り再び小さくなってしまったましろ。
幼女になっちゃったましろ これはこれでかわいい! 

そんな彼女を心配して星に祈るゆみな。
彼女の祈りに導かれたのか、たまたまなのか、ゆみなは太転依に憑かれてしまう。
ゆみなに憑いた太転依は、ゆみなの頭の上どんと鎮座し、動こうとしない。
その上ゆみなの感情に左右される。
ゆうなの感情に反応する鳳  
そのためゆみなが心落ち着く環境を整える必要がある。
彼女の心落ち着く環境それは裕理がそばにいること。
そんなわけで再び裕理は女の子に変身しフローレスに侵入するのであった。
今回は転入手続きもしっかり行われ正式な女生徒として入った。
とはいえ裕理自身の単位も危機的状況にありおろそかに出来ない。
そのため裕理は授業ごとにフローレスとスライトリーを行ったり来たりして大忙し。

今回は鵺による変化の術が施された勾玉を使用することで裕理は、自らの意思で女の子に変身することが出来るようになった。
実にうらやましいアイテムだ。是非ほしい!! ほしい!!
タユタマ 裕理変身
タユタマ 裕子01
自己紹介 裕子
それにしても女の子になった裕理は、すごい巨乳だ。
女の子になるんだったら巨乳がいい。
もしかしたら、そんな裕理の気持ちが働いたのかもしれない。
私なら絶対そう思う。 絶対

女の子になった裕理はフローレスでの体育の授業に参加していた。
ということはつまり、女子生徒らとともに着替えを行ったということだ。
これを描かなかったのは少し勿体ない。 女子の着替え
体操着 裕子


鵺が変化の術を込めた勾玉の力はどんどん弱くなってるらしい。
まるで安物の充電池のようだ。

ゆみなの頭の上に鎮座する鳳(ほう)。
この頭の上に乗っている姿。また、鳳凰であるという設定。
「らんま1/2」に久能先輩の頭に鳳凰が乗っかる話があるのだが、実にそっくりだ。
インスパイアされていることは間違いないだろう。
タユタマ 鳳凰01
ゆみなの頭にのる鳳凰の『鳳』
↑そっくり↓
「らんま1/2 超無差別決戦!乱馬チームVS伝説の鳳凰」に登場した鳳凰
らんま1/2 超無差別決戦!乱馬チームVS伝説の鳳凰久能先輩の上に乗る姿は実にそっくり
相手を攻撃する姿もそっくり 相手を
攻撃する姿も
そっくり

 

 

 

 

 

 

くちばしをつかって裕理を攻撃する鳳の姿はらんまに出てきた鳳凰とそっくり



読まれましたらクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ


スポンサーサイト

テーマ : タユタマ -Kiss on my Deity-
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ タユタマ 鳳凰 らんま 巨乳 変身 女性化 性転換 TSF

小沢代表 突然の辞任表明!


読売新聞による世論調査で71%もの人々が小沢代表の続投を納得していないという結果が出た今日、
小沢代表は代表を辞任すると発表しました。
以前大連立構想がコケた時と違い今回は執行部も留任してくれとは頼まないようです。
これで次期総選挙は、麻生さんと新しい民主党の代表が戦うという形になることが決定したわけです。
選挙どうなるでしょうね…。
 
 





読まれましたらクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

NHKスペシャル“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言

『NHKスペシャル“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言』(75分)

よく整理された番組で視聴後は頭の中に整理されたマインドマップが出来あがっていたほどだ。私は同番組が提案する政策に賛成だ。

最も重要なキーワードと位置づけられたのが『人への投資』だ。

番組ではこれを実現させる三つの政策を提案。

一つめは『積極雇用政策』、二つめは『生活支援』、三つめは『家庭と仕事の両立』である。

一つめの『積極雇用政策』では、イギリスと日本の政策が紹介された。

イギリスの事例からは就職活動と職業教育を肩代わりして、社会的な効率性を上昇させている組織(企業かNGOかは不明)が紹介された。

日本では多くの若者が一人で個別に就職活動を戦うため莫大な労力を支払わされている。だが、このような組織があれば企業にとっては、人材を見極める作業を減らすことができ、労働者にとっては就職活動の時間や労力を減らし必要な職業訓練に力を注ぐことができるため、社会的にも就職活動をしている人の心理的にも大変望ましいと制度と考えられる。

日本の事例では、OJT(企業内で行われる職業指導)を企業自身ではなく政府が支える事例が紹介された。

企業は今まで雇用してから社員を育てていた。その費用は企業が支払っていた。最近ではそれが学校などで職業訓練を受けるという形態になりつつある。この場合、教育や訓練にかかる費用は就職活動をしている人が支払わされる。(一部は国が支払っている)

今回の事例はさらにもう一歩進んで訓練は企業が行う。その一方で、OJTの費用は国が支払う。企業は訓練終了後に修了者を雇用するか決める。

企業にとっては相手の適正が分かった上で雇用できる。

労働者も仕事内容が分かってから働くことが出来る。

イギリスの積極雇用政策の事例から失業保険制度よりもはるかに効果が高い制度であることが紹介された。



二つめの『生活支援』では、フランスと岡山のある村の政策が紹介された。

社会保障費のうちの多くを高齢者を支えるために使っている日本に対し、フランスでは、子育て世帯に支援することで短い期間に出生率を上昇させることに成功している。このことから、日本も同様に子育て世帯への支援が必要なことが理解できる。

しかし、政策にも費用対効果が求められる。

フランスが子育て世帯に直接お金を渡していたのに対し、岡山のある小さな村ではサービスを渡すことで効率を上げていた。

番組では、7万円もの保育費用に迫られていた夫婦がこの村で8000円と大変安い費用負担で保育サービスを受けることが可能になっていることが紹介された。

考えてみれば当然だが、お金を直接渡したのでは、子育て世帯が適切にそのお金を使うか不明だが、家賃や保育といった子育てにかかるサービスの提供であれば行政サービスの仕事が効率化されていくので低額ですむ。

行政は効率よく子育て世帯を支援することができる。

行政からの直接支援でも子育て世帯の生活を支えることはできるが、不適切にお金を使用する者がどこの世界にもいることを考えれば、出費が抑制されるという上記のような方法のほうが望ましいということが言える。

岡山の村の事例からは、国家財政から予算を分捕り過大な公共事業を行うハコモノ経済から「人へ投資」することで身の丈にあった地方経済への転換が重要であることを教えられた。



三つめの『家庭と仕事の両立』では、ユニクロの事例が紹介された。

労働者は短い時間で働くことができることで、子育てなどのためにフルタイムで働けない人も仕事を続けることができる。

日本の多くの企業ではフルタイムでしか働けないため、「仕事を辞め子育てをする」か「フルタイムで働いた上にさらに子育てもする」といった極端な選択を迫られている。

今後日本の人口が減ることを考えれば「労働のばら売り」であるこれらフレックスタイムな制度は必ず必要だ。



☆他に私の考え

積極雇用政策についての補足なのだが、現在多くの人々は企業が解雇をしにくいようにしようとしているが、すでに企業が国際的に競争している今の時代にそのようなことを求めるのは望ましくない。

解雇も多いがそれ以上に雇用機会も多い社会を目指すべきだ。今までの日本は社会保障を企業が行っていたが、今後は行政が行うべき。

その代わり企業と家庭は増税を受け入れるべきだと考えられる。

これは今回まったくでなかったことだが、日本の高齢者は必要性をはるかに超えた資産をストックしている。このストック資産がわずかでも流動してフローになれば、日本に大きな活力を与えることができる。

ストック資産にはペナルティーを与え、フローにはインセンティブを与えお金の流動性を高める政策を行う必要がある。

岡山のある村の村長のインタビューから、村だったり地区だったりの内側でなるべくお金が回るようにすることが大事だということを気付かされた。

考えてみれば当然な話だ。マクロ経済では、国内で消費が行われれば消費を得た人のお金も多少上昇させる効果がある考える乗数効果というものがある。

ということは、同じ消費であっても輸入よりは、国内品の方が国家経済の利益になるというコトがいえる。(国内品と言ったが、サービスも含むのであってモノに限定はされない。)

国を地域と言い換えれば、地方にも同じことが言える。

だからと言って保護主義はダメではあるが、今後の地方経済を考えるに必要な視点になると考えられる。



今回の番組において「お金がなくて結婚できない」ということを言われていた。このような文脈の考えは他でも聞いたことがある。

だが、正直お金と結婚がどうして関係あるのか理解できない。

同じ家に住めば家賃などを含めた総支出は確実に減るはずだ。

それとも世間では結婚とは「男性が女性を飼い殺ろす」ことを言うのだろうか?

結婚した女性は仕事を辞め、男性に飼われるものだと考えれば、たしかに上記ような考えをするのも理解できなくはない。

だが、今時そんな考えの20代30代などいるのだろうか?

同番組では、仕事が安定しないこと、長年勤めても給料が増えないこと、終身雇用ではないこと、を新しい悲劇であるかのごとく描いていた。

しかし、今までも自営業や俳優や声優や作家などにはそんなものなかった。

考え直すべきは、「人は必ず一つの会社に勤め、終身雇用され、年功とともに給料が上昇し、その間アルバイトや副業といったWワークはしない」といった古い労働観なのではないだろうか。

新しい労働形態を築くにも古い労働観のままでは何も築けない。

読まれましたらクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

tag : NHKスペシャル 積極雇用政策 両立 生活支援 就職活動 OJT 費用対効果 雇用機会 社会保障 ストック

サイエンスニュース

新型インフル、豚ウイルス2種混合か5月3日(日)3時6分配信 読売新聞

マウスの生殖細胞誘導=出産にも成功-理研

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 科学

パチンコ店でアルバイトの面接に行ってきました。

パチンコ店でアルバイトの面接に行ってきました。

面接は当初から応募者は採用しますよ的雰囲気だった。

しかし、私の髪は長いから切るよう要求された。

ちょっと切る程度ですまないかとたのんだが、スポーツがりくらいまで切ることを要求され答えに困った。

ちなみに女子は全然ロングで問題ないらしい。

こうゆうことがあると女子をうらやましく思う。

かくて面接は終わりました。

合格者にのみ連絡があるとのことでした。おそらく連絡はないでしょう。

やっぱりホールでロングヘアを雇ってくれるとこは少ないのかもしれません。

これからは

ホールや営業じゃないアルバイトを探そうと思います。




バイト面接



読まれましたらクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ



ブログ内検索
リンク
にほんブログ村 漫画ブログへ
月別アーカイブ
フリーエリア