ナノテク

21世紀は今まで以上のスピードで科学が進歩することだろうと言われている。
私たちの身近でも携帯電話やパソコンやゲーム機の進歩はすさまじい。
しかし、これらはすべてコンピューターを使ったものだ。
同じような速度で進歩することが期待されているのがナノテクノロジーだ。
コンピューターの発達とはつまりは、
より緻密な半導体を作るために微細加工技術の進歩を意味しており、
その技術を、半導体以外に使えば今まで作れなかった小さな機械や部品を作ることができると期待されている。

ナノテクノロジーの発達はこれから最もホットな分野であることは間違いないと思う。私はもっとナノテクのことを知りたい。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



スポンサーサイト

tag : ナノテク 科学

2009年1月からアニメ「マリア様がみてる」4thシーズンの放送が決定

2009年1月からアニメ「マリア様がみてる」4thシーズンの放送が決定
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080919_marimite_4th_anime/


やったー\(^o^)/
マリみて大復活!!

マリみて人気すごいですよね。
私も1期みてすぐ、ハマったので納得の決定ですね。
とはいえ、3期がOVAだったのでテレビに帰ってくるとは、
予想外で本当にうれしい。ヽ(゚∀゚)ノ


詳細は以下から。


「マリア様がみてる」
http://www.gokigenyou.com/



著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ




tag : アニメ

日本アニメ vs ハリウッド

NHKスペシャル日本アメリカ の第2回日本アニメ vs ハリウッドを観た。
現在ハリウッドから日本アニメは注目されていて、
いくつものマンガが実写映画化が決定している。
不思議なのは、なぜ、ハリウッドは実写化したがるのだろう?
アニメの方がいいのにと思う。
まぁそれはともかく、今実写ではなくCGで鉄腕アトムが作られている。
手塚プロは、過去にアメリカとの契約で手痛い目にあった経験から、デザインや動きの最終決定権を手放さなかった。
これが正しい判断であった。
ハリウッドは当初アトムのデザインを大幅に変更して、手塚プロに了解を取ろうとした。このデザインは、実に酷く。このようなものを平気で許可下りると思っているあたり、アメリカ人が異常センスない証拠だと思う。(~_~;)
ハリウッドはあんなにいい映画たくさん作れるのにアニメだと酷いものしか作れないことは、本当に不思議だ。(?_?)
手塚プロが決定権持っていたのでそのデザインは不許可された。
実によかった。(^_^)v
一方自社でハリウッドに進出してアニメ制作する会社もあるGONZOだ。
アフロサムライをGONZOはハリウッドで作っている。
プレスコと呼ばれるアニメの画より声優の声を先に収録する方法で作られていた。アメリカの声優は、普通の俳優なのでこれは当然だろうと思う。
ハリウッドで制作した場合と言っても作画も監督も日本。収録とか放送と資本などがアメリカというだけ。であるにもかかわらず費用は通常の2倍で苦労は10倍ほどかかるらしい。ハリウッドはどんだけ高コスト体質なのだろうかという気がしてくる。
GONZOスタッフを驚かせたのは、映画制作も終盤になってから有名人のアポが取れたからと声優を変更してしまったこと。
これも話題作りの一環らしい。
でも、声優ってキャラと合っているかで選ぶべきではと思った。
まぁでも、この有名人さんの声とアフロサムライのあるキャラは合っていたとは思う。
GONZOは非常に高い勉強費を払いながら海外進出を計っているんだと思う。
アフロサムライは見た事ないし、あらすじからは興味の湧く内容ではないが、
GONZOにはがんばってもらいたい!!

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ








tag : 日本 アメリカ アニメ ハリウッド 英語 GONZO NHK

ネットの力で学校ってなくなるかもと思った

無料で英語勉強ができる「iknow」を利用して英語勉強をしている。
反復学習のシステムをコンピューターがやってくれるので、記憶力への定着率が高いようになることまで計算されて作られているので、かなり短い時間で英語勉強することが出来る。加えて教材のレベルが無料とは思えない優れたもので驚かされる。
そこで、なんでこんなにいい教材が無料なのかググって調べた見た。
「iknow」を運営してるセレゴ社は、アメリカでお金集めて日本で仕事している会社なんだそうだ。
気になるiknowは今後宣伝媒体に発展させるために無料にしているので今後も無料を続けるとのこと。
なるほど、
mixiやニコニコ動画と同じく広告で稼ぐということを考えれば無料であることも理解できる。

これらのことを知り、ある考えが浮かんだ。
☆将来学校がなくなるかもしれない!!

イーランニングって学校の授業をテレビ使って流すってだけしかイメージがなかった。
加えて授業料金が変化するという考えもなかった。
しかし、iknowのようなビジネスモデルが普及すれば、
学校というシステムそのものの存在意義が問われることになる。
学校にはとにかくお金がかかる。授業料自体に加えて大学だと教材も買わなくてはいけない。
しかも、授業は決まった時間に行われている。
iknowでは、学校と違い無料で、本人に最適な時間に学習ができてしまう。しかも、ネットを使うので日本中どころか世界中の人が使うことができる。

学校が無くなるとは言ったが、
大学はくらいは残るとは思う。
ゼミや実験はネットでは無理だから。
だが、そうとうに社会は教育のコストを削減できるようになると思う。コストを減らす一方で教育レベルは上昇する。
イーランニングを学校の代わりって聞くと懐疑的な人も多いと思う。
私もそうだった。
だが、
授業料金無料になった上、学校よりよい教材で学習できるというのは、
そういう保守的な気持ちを補って余りある魅力があるのではないだろうかと思った。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : iknow 英語 学習 学校 科学

水木アニキの話を聴いてアニメやアニソンが大切だと改めて思った

アニソン界のアニキこと水木一郎さんがアニメ系情報番組アニメぱらだいすにゲストに来た回を視聴した。アニキは今年デビュー40周年。どのような経緯でアニメソングを歌うようになったかといった話や今やっている事やこれからやりたい事などのアニキの話を聴いていると、とても心地良い気持ちになる。
「オレが世界中の歌手で一番幸せ」と言う発言は、強く確かな自信がともなっており、心の底からの本心なんだということが強く伝わってくる。
自分が世界で一番幸せだと言える。なんと、素晴らしいことだろうか。

アニキからは発言からも伝わってくるが、
アニメソングやアニメやライトノベルから伝わってくる
あの、何だってできる気持ちにさせてくれる熱くて心地良い感情をなんと表現したらいいのだろうか。
胸を熱くするとか勇気が湧くとかいった陳腐な表現しか出てこない。
表現力のない自分が悔しい。

アニメやマンガやアニメソングやライトノベルは、サブカルチャーと言われている。サブカルチャーって言ってしまうとハイカルチャーに対しての二次的な文化みたいだが、
あの心地のいい熱い気持ちにさせてくれる名前を付けられない感情を伝えることは、ハイカルチャーには絶対ないものだと思うし、
そういった気持ちを伝えることもできないと思う。
こういうアニメやマンガやアニメソングやライトノベルなどでしか伝えられない感情であるとか気持ちは、絶対忘れちゃいけないもので、
子どもだけであるとかではなく、本当に世界中に伝えられるべき価値ある大切な心であると思う。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ





tag : アニメ アニソン

ANIコレ~お試しかっ~

先日テレビ朝日で放送された「もしものシミュレーションバラエティーお試しかっ!芸能界女装して美しい男No.1決定戦」を視聴した。
男性芸能人で女の子の格好をして誰が最もキレイか争う趣向で、今までも2度も行われており、2度とも杉浦太陽さんが優勝している。

私自身が女性のようにキレイになりたいといつも考えていて、
そのために整形も将来したい人間なのでこのような番組は非常に興味がある。
正直こんないい趣向の番組が放送されているのを知らなくて偶然見つけて、すぐ録画した。そのため後半しか見れなかった。
杉浦太陽さんが今回も優勝するのかどうかが注目ポイントとスタッフもわかっているのだろう大物を出場させてきた。
桜塚やっくんだ。
会場の反応はかなりものであった。
だが、いつもが女装なのだから、もっとがんばれなかったのかなと思わずにはいられなかった。
僅差で争われたが今回も杉浦太陽さんが優勝。
前回の第2回の女装決定戦は見たことあるのだが、
その時の方がじゃっかんキレイだったから、私としては少し残念に思った。

最近はテレビでニューハーフの方を見ることが多くなり、
本当にキレイな方がたくさんいらっしゃることに驚かされる。
たくさんのニューハーフの方が整形手術であるとか女性ホルモンを使用しているということをおっしゃっているのを何度か拝見した。
そのようなテレビを見て一つ疑問に思っていたことがある。
女性ホルモンを使わなければ肉体として男性に生まれた人はキレイになれないのだろうかという疑問である。
だが、実際テレビで女装されている芸能人の方は、女性ホルモン使用しないであれほどキレイになっている。
キレイな女性に見えるようになるということに、
女性ホルモンの使用は必ずしも必要なものではないのではないということを改めて思えるようになった。
もちろん、キレイになってる人は骨格的に恵まれているのだろうと思うが、絶対的な差を女性ホルモンの使用が決めるものではないという仮説をたてるには充分な根拠だと感じた。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : 女装

農業問題と世界恐慌を結ぶもの『保護主義』

79年前、1929年10月24日ニューヨーク株式市場で株価が大暴落をはじめた。このことによって世界的景気悪化が世界恐慌である。
この世界恐慌以降、植民地を持っている国はブロック経済政策つまり保護主義政策を取り始める。
結果、持たざる国である日本・ドイツ・イタリアは経済的に、成り立たなくなり戦争になった。
この反省から戦後ガットやWTOが作られ自由貿易が推進されるようになった。
近年は交渉が遅いWTOより国家間の条約でFTAやEPAが結ばれることも増えた。
WTOであろうとFTAやEPAであろうと自由化という方向は全く同じである。
世界の歴史の流れとして自由貿易への大きな流れがある。
問題があるにしても自由貿易以上に良い経済などというものを人類は知らない。
チャーチル流に言うならこう言えなくはないか。
「自由貿易は最悪の経済形態であると言える。 ただし、これまで試されてきたいかなる経済制度を除けば。」

日本は戦後、自由貿易体制に入ることで莫大な利益を上げ、先進国になり、国民の生活を大幅に豊かにすることに成功した。
戦前に行われた保護主義体制であるブロック経済がまったくダメであったことも合わせて考えれば、
保護主義では国は豊かにならない事が理解できるよう。

ところが、WTOの交渉では日本は常に農業を保護主義によって守ろうという言説を繰り返す事に終始する。7月に行われた交渉でもそうであった。
また、FTAやEPAの交渉も農業が障害になって前に進まない。
自由貿易で発展した日本だからこそ、
自由貿易の推進によって日本経済や世界経済をさらに発展させるべきではないだろうか。


著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

tag : 保護主義 自由貿易 経済政策 アメリカ 世界恐慌 WTO サブプライムローン

私ライトノベル作家修行中です!

今年になって、物語の創作に関する本を本当にたくさん読んだ。
以前から漠然とライトノベルを書きたいな~と思っていたが、去年暮れ色々思うところあって、
ばくぜんとなりたいとだけ考えるのではなくライトノベルの作家に本気で成ろうと決意し書くという行動を開始した。
去年から書き始め、もちろん今も書き続けている。
書くための勉強にいくつも物語創作論の本を読んだ。
中でも最も優れた本が「書きたい!書けない!なぜだろう? 」だろう。私は存じ上げなかったが、著者はハリウッドのシナリオライターなのだそうだ。
この本の優れている所は、物語を創作するいくつもの方法や練り上げ方に加えて、創作にあたっての心構えというものも含めて繰り返し強調されている所だろう。
ある意味この本は私のバイブルになっており、
あちこちに線を引いて何度も読み返している。


著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : ライトノベル 自己紹介

食糧自給率が先進国で最低である

近年、食糧価格が上昇してからというもの
日本食糧自給率は先進国で最低である』という情報を聞くことが多くなった。
日本という国は非常にユニークな国だ。
島国でありながら山岳国家でもある。
それゆえ、日本の大地の7割は森林であり先進国ながら実に面白い特徴を持っている。
これだけユニークな特徴を兼ね備えていると他国にない財産がある一方で他国にない問題もある。
財産の代表例は森林やキレイな水であろう。
そして、他国にない問題の代表例が食糧自給率であろう。

食糧自給率は、ある国に住む人が食べた物の何%が国内産かを表した指標だ。
人口が多い国は当然低くなるし、土地が広ければ、自給率は当然高くなる。
先進国であるという事と食糧自給率にいったいどんな関連性があるのだろうか。
人口も土地の広さも経済とはまったく別のことである。
国家の経済レベルに関係なく、農地が広ければ、あるいは人口が少なければ食糧自給率は高くなるのである。

食糧自給率は、『日本の食糧自給率は先進国で最低である』と宣伝して国内産の食糧購入を謀るために使うよりも食糧自給率が低い他国はどのような戦略を立てているかを知るための指標に使うべきではないのだろうか。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ




tag : 経済政策 国際貿易 農業政策 食糧自給率 日本

「農業=自然」という思い込み

食料品価格が上昇してからというもの、それ以前にも増して、食糧自給率を上げるべきだという論説や意見を聞く機会が増えた。
私自身以前は農業は保護すべきだと考えていたので、
こういう意見を言う人たちの考えを分からなくもない。
だが、井沢元彦氏の著作に触れて、今はそのような考えはあやまりだと気付かされた。
私は生まれも育ちも東京で、農業などは大学の研修と小学校の家庭菜園ならぬ学校菜園でしか体験したことない人間である。
であるにもかかわらず、農業に対し牧歌的な、農村的な、古き良き日本的な、ふるさと的な、里山的な、
そんなノスタルジーを持っていた。
身近に農業がない私のような東京人ですら、
そのような考えも持っていたのだから、
地方出身者なら、農業への強いノスタルジーはなおさらであろう。
そのような感傷的とも言える感情が、冷静な思考を停止させていたことに後々気付いた。
井沢氏の著書から教わったことは、
農業というものは大自然破壊産業であるということだ。
比較の問題で工業より自然破壊のレベルは少ないということは言えるが、
農業そのモノは、本来あった森を切り開いて田畑にすることで成り立っている。
人間が農業を行わなければその土地にたくさんの木々が生えていたのである。
私は、だから農業するなと言うことを伝えたいのではない。
農業保護論者には、
「農業=自然」という強い思い込みが、必ずあるからである。
そのような思い込みは、早々に捨てられなければならない。
「農業=自然」という思い込みが捨てられない限り、冷静な農業論の議論というのは不可能である。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 経済政策 国際貿易 農業政策 食糧自給率 日本

「世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~ 」

先日の第1回に続いて、放送されたNHKスペシャル「世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~ 」を視聴した。
前回と比較しバランスある報道であったと思う。
現在の食料品高は、需要に供給が追いついていないことがあるが、番組では、供給をまかなおうとする人の姿を放送していた。

まず注目されたのが、日本のミソメーカー。
ミソ用大豆を購入することが難しくなってきている。

次に紹介されたのがウクライナだ。
ウクライナはソ連崩壊で農業が興廃したままだったが、それが近年改善しており、世界中の食糧企業が進出している。

ここまでの部分は、農地を増やそうという動きだ。
だが、農業生産を増やすもう一つの方法がある。
作物からの収量を増やすことだ。そして収量を増やす方法として近年注目されているのが、「遺伝子組み換え技術」だ。

今、南アフリカでは、遺伝子組み換えトウモロコシの導入が進んでいる最中。トウモロコシを育てる農民に注目して報道されていた。

「もし2倍に収量を増やそうとしたら、今までの品種改良では無理であり、遺伝子組み換え技術が必要」
遺伝子組み換えでパイオニア的企業であるモンサント社の社長が、遺伝子組み換え技術の有用性をわかりやすく説明してくれた。
NHKの取材にわざわざ社長が協力してくれたことには大変驚いた。
もう少し遺伝子組み換えが安全であるということを伝えるべきであった。

ウクライナに進出した日本人農家に注目していた。
狭い日本の農業から脱して広い土地で挑戦したのだ。
これは実にすばらしい行動だと賞賛したい。
日本は金はあるし農業技術も高いが、農業の競争力がないのは土地がないからだ。
対して多くの外国では土地があるが、金や技術がない。
日本が技術とお金を外国の農地で使えば、
狭い日本では不可能な増産が可能になる。
だが、日本は日本の農地だけしか視野に入ってなかったためウクライナのごとく良好な土地を持つ国を逃した。
世界中の食糧メーカーが先手を打ってウクライナの農地を借りたので日本が新たにウクライナに進出は無理なのだそうだ。
日本は今のうちにその他の国の農地を探すべきである。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ




tag : 遺伝子組み換え 経済政策 国際貿易 農業政策 食糧自給率 日本

自分が女性だったら一度はやってみたいことランキング

私などはいつも女性になりたいと願っているが、他の人はどうなのだろうか。
そんなランキングをgooが調べた。

新着情報30件→RSS
goo ランキング
自分が女性だったら一度はやってみたいことランキング
1男性のおごりで高級レストラン
2子どもを産む
3合コンでおごってもらう
4ブラジャーをつける
5スカートをはく
6全身エステを堪能する
7ロングヘアーにする
8女性優待サービスをかたっぱしからうける
9お化粧
10通勤時に女性専用車両に乗る
もっと見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.


エッチしたいが10位以内どころか20以内にもないことは意外に思った。
1位2位3位には、私は全然興味がないですね。
4位のブラジャーをつけるは、たしかにしてみたいとは思う。
実際は、まだつけたことがない。
昔やった「肉体転移」というゲームでブラジャーを始めてつける描写が細かく描かれていたのだが、
脇から胸にお肉を寄せてつけるなどと説明されており、
それが本当なのか、そしてどんな感覚なのかには、たしかに興味がある。
5位スカートをはく。スカートは、大学のMr.ミスコンではいたことがあります。自分で買ったものなので今だ持っていますが、それ以降使ってないままになってる。もったいないとは考えているのだが機会がない。
あと、なぜか百均で売ってたことがあり、そのスカートはいて町あるいたことはあった。
6位興味ないですね。7位ロングヘアー。今もすでにロングへアーです。性別関係ないです。
8位たしかにいろんなサービスに女性優待サービスがあるので、気持ちはわかります。
9位お化粧。したい気持ちはわかるし、実際したことも何度もあるが、自分じゃ感覚がわからない。合っているのかヘンになっているのかわからない。
誰か上手い人に教わりたいとは思う。
10位そもそも通勤電車に乗りたくないですが、女性だけしかいないという空間に入りたい気持ちはわかりますね。
これと似た感じかもしれませんが、完全に女性に見える格好をして、
エッチな本やグッズばっかりなお店やレンタルビデオ店のアダルトコーナーなどに入ってみたいですね。
その場にいる男性がどんな動揺するかが見たいです。

私としては女性なったらやっぱりエッチとか自慰がしたいって思います。
男性には全く興味ないので相手が女性であるという絶対条件付きですが。
性的感覚を作ってる身体の感覚器は今の性転換技術ではまだ不可能。
もしコレが可能だったら、性転換してたと思う。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ





『世界同時食糧危機アメリカ頼みの“食”が破綻する』

『世界同時食糧危機アメリカ頼みの“食”が破綻する』と題したNHKスペシャルを視聴した。
アメリカに対し大変厳しい見方を訴える番組構成で、
とてもアンフェアであると感じた。
アリバイ的にアメリカの農業の抱えてきた問題も紹介してはいるが、このような番組を観た多くの視聴者は、農業問題で日本は間違えがないという印象を感じとってしまうのではないか。
コメンテーターとして出てきた大学の先生や司会者の方も自由貿易よりも保護主義的な考えを優先した発言しかしない。
このような番組によって自由貿易の理論理屈が完全に無視されていることは実に嘆かわしい。
番組を観ているほとんどの視聴者は、リカードの比較優位の理論など知らないのであろうから、『自由貿易=悪』という感覚が残ることは想像に難くない。
アメリカへの大変アンフェアな見方ともう一つ理解できたことが、NHKの印象放送の上手さだ。
番組ではエルサルバドルの状況を紹介して、近年の食糧価格上昇で困っている人々の姿から、
暗に自由貿易とはアメリカ一国が他国を収奪するためのシステムである視聴者に伝えていた。
エルサルバドルの状況を伝えるのに社会全体の姿をとらえ視聴者に伝えるがことが、NHKに求められている役割だと思うが、
実際に放送されていたのは、極々数人の方だけです。
想像力を少し働かせれば、
格差問題や経済運営上の問題であるとかの可能性もあるはずであるが、そのような可能性は最初からないかのように放送されていた。
「盲人象をなでる」ということわざがある。
対象のことをこと細かく知っている一方で全体像を理解していないという意味だ。
このような番組は知識面で細かいことは知っているが全体像を理解してない国民を輩出することにしかならないと感じる。
WBSのコメンテーターなど経済学に精通している人を出すべきであった。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

tag : 経済政策 国際貿易 食糧自給率 日本 アメリカ 農業政策 NHK

「アニメギガ」鈴村健一

NHK-BSのアニメ系番組「アニメギガ」を視聴した。
今回のゲストは、声優鈴村健一さん。
文化放送の鈴村さんらが、パーソナリティをしているラジオ番組チェリーベルを私は毎週聴いている。
なので、鈴村さんは私には楽しいかんじのパーソナリティーとしてのイメージが強い。
だが、そのようなイメージからは想像もつかない真面目な一面を知ることができた。
特に、今年アニメ映画「空の境界」にかける思いを実直そうに語っているさまを興味深く視聴した。
驚かされる面も多く、適当に自動車を走らせて、気がつくとつくばにいたからと、宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)に見学したという話には、驚かされた。(しかもアポなしで)
また、彼の声優になったきっかけというのがもっと驚かされた。
高校時代、調理師になろうとしていたが、友人に声優という仕事を教えられて、進路を変更し声優養成所に入ったのだそうだ。
彼は第二回声優アワードベストパーソナリティ賞を受賞されてる。パーソナリティとは、本来「個性」という意味であり、
そういう意味でも、
ベストパーソナリティ賞は、実に鈴村さんにピッタリの賞である。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : 鈴村健一 NHK アニメギガ アニメ 声優

ケーブルテレビが映らなくなってしまった

今月になってから、溜めたアニメの視聴に多く時間を割いている。
我が家には今だHD内蔵のビデオデッキがない。
だが、ウチが利用しているケーブルテレビには、
HD内蔵のケーブルチューナーを利用できるというサービスがあって、これを2年半ほど利用している。
しかし、何故かこれが今月になってから使えなくなった。
HD機能は問題ない、地上波も問題ないが、
ケーブルテレビのチャンネルが観れなくなった。
ケーブル会社の機器担当者にも来て見てもらった。
すると、チューナーごと替えなくてはいけないといわれた。
しかし、そうなるといろいろ保存したHDごと持っていかれることになる。(このへんHD内蔵だといことがアダになった。)

というわけでケ-ブルチューナー取替えてもらうのを、
待ってもらい、
ビデオテープへのコピーと視聴といった作業を毎日行っている。
バイトもしてない身分なので時間だけはある。
ちょうどいいと言うべきか。バイト探さなきゃいけないのにと言うべきか。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ





今期アニメの「伯爵と妖精」「黒執事」を比較

今期は近世英国を舞台にした作品が「伯爵と妖精」「黒執事」と二作品もある。しかし、作品のできは大きく異なる。
「黒執事」は、現在2話まで観た。この作品人気がある作品らしいのだが、正直いったいどのへんの何が人気があるのかまったく理解できない。
この作品の主人公は子どもの貴族とその執事だ。
1話2話を観る限りこの主人公二人がなにか大きな目的や目標があるというわけではない。なので、何の葛藤に悩んだりようなことも置きようがない。
そもそも執事がスーパーマン的に強いので、何があっても主人公二人が勝利することが見えてしまうので危機感がない。
ただ嫌~な緊張感だけが続く。
物語を貫く長いストーリーがなかったとしても、一話ごとに面白い要素なりで盛り上げれば物語というのはいいものが作れるが、「黒執事」にはそういう部分もない。
何も感じないという作品というものが在る。そのような作品は記憶には残らないが不快さはない。
「黒執事」は、1話2話ともつまらないどころか気分悪くなる不快さを感じた非常に残念な作品だ。
対してこの「伯爵と妖精」はおどろおどろしいような部分がなく安心して観ていられる。(深夜ではなく18時台あたりの方がいいのではないだろうか。)
この作品はアニメではあるが、本を読んでいるようなゆったりとした感覚で、すてきな感性を呼び覚ましてくれる気にさせる良作である。
原作のライトノベルは読んだことがないが、原作はもちろんアニメ化にあたっての監督と脚本家が良い相乗効果を生んだのだろうと想像される。
この手の少女向け作品にはモノローグが多様されることが一般的だ。そのうちの多くの作品が、それらモノローグが多すぎて不快にさせるが、「伯爵と妖精」は、リディアのモノローグはもちろんあるのだが、多すぎると感じる事はなく、それでいてあくまでリディア中心に描かれているあたり素晴らしい。


著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : アニメ イギリス ライトノベル

14日is my BIRTHDAY(バースデイ)

誕生日を向かえまた一つ年をとった。
年をとったという表現が前から嫌だなって思っていたのだが、
さきほどテレビで見た某声優さんが、
一つ大人になったという表現をしていた。
あっ、これはいいなと思った。
これからは、誕生日を向かえ年をとったではなく、
一つ大人になりましたって思うことにします。

今日は誕生日。
誕生日には独自サービスやってる店もあるとは聞いたことがあるが、私はそのような店にはとんと縁がなく、
出かける予定もない上、雨もザーザー降っている。
親から自分でケーキ買ってくるよう言われお金を預かる。
ついでに駅前書店で立ち読みしてこようと思ったが、
雨がいつまでも止まないままなので、
ケーキを買いに駅前行くのも中止して、
見ないままHDに溜まった番組を視聴することにした。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : 日記

北朝鮮テロ支援国家指定解除決定

アメリカが北朝鮮に対してテロ国家指定解除を行うことを決定した。

今回の決定についてブッシュ大統領は電話にて麻生総理に説明を行った。
おそらくは、拉致問題を軽視してない云々ということをいったのだろう。
ブッシュ大統領は今まで拉致問題解決に向けた日本の行動に理解を示す発言を繰り返してきた、だが今回の決定は過去の言動を覆すものだ。

核と拉致は北朝鮮をめぐる重要なテーマのはずだった。指定解除は、到底日本国民の納得行くものではなく、多くの日本人が同盟国より北を取ったと考えることは必至だろう。
より重大なのは日本国民から見てアメリカへの信頼が、大きく下がるということである。
日本が民主国家である以上国民レベルでアメリカへの信頼が下がれば、国会や行政レベルでもアメリカへの態度が変わることにつながる。
アメリカはそのあたりのことも考えての決定なのだろうか。

拉致より核ということで勇み足で指定解除したのだろうが、そこまでしてもウラン濃縮の検証すらまともにできないのでは盗人に追い銭になってしまう。一体アメリカの如何なる正義に見合うものなのだろうか。<`ヘ´>

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

tag : アメリカ 北朝鮮 核開発 日本 民主国家 日米同盟

前期アニメ最終回感想集その4

我が家のお稲荷さま。
タマもようやく高上兄弟と仲良くやれそうになったことが描かれ、最終回らしく全員集合みたいな感じにいろんな方が集まってきて終わり。

セキレイ
みごと、はるかと久野の二人を帝都から脱出させることに成功する。
つむぎの中に別人格がいることが突然明らかにされる。
戦い自体はまったく終わってないので、数多くの謎を残したままの終わり。
以後はマンガで読めということなんだろうが、アニメ単体でもっと楽しめる構成にできなかったことは残念。

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ
冷静に考えればバッドエンドなのだが、そのような悲壮感というのが限りなくない。
豪太らにとって鈴木ソラの存在は、大きく影響したことが描かれていた。
ハッピーエンドでなくても、いい作品ができるという証左ではあると思う。
ただお話の中でぐらいハッピーエンドってあっていいはずだと私は考えてる。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : アニメ

前期アニメ最終回感想集その3

恋姫†無双 ドキッ☆乙女だらけの三国志演義
この作品の元になったゲームの方はしたことがないが、一部得た情報によると主人公は劉備になるのだそうだ。
アニメでは劉備が全くでてこず、劉備らしき人物は結局盗賊の一派と判明。実際の三国志はもちろんゲームともかなりちがう物語構成で作られたこの作品。
そうなると叩かれることが多いらしいが、私はこのアニメが単独で充分楽しめるいい作品だ思うし好きだ。
特に百合な部分があちこちあったのも私的にポイント高い。

乃木坂春香の秘密
前回から出てきたアロハの爺さんはやはり乃木坂家の当主。
凡庸な爺さんが実はすごい人というよくあるパターン。
この作品メディアミックスとして大成功だと評価する。
というのも、CMで美夏も言っているが、春香と裕人の二人を観てるとニヤニヤしてしまう。
そして、この原作がすごい読みたくなるのだ。
少なくとも私にとって、本の宣伝としてメディアミックスとして大成功だ。

アリソンとリリア
切羽詰り自らが王族であることをようやく明かしたトレイズ。
暴走列車から脱出をあきらめリリアを逃がす。
列車が落ちたシーンは、ハラハラドキドキだったが、とくになんの秘密もなくただ運良く生きてたというのは物語として若干マイナスポイントだが、とても楽しめた作品であった。


著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : アニメ

前期アニメ最終回感想集その2

一騎当千GG
左慈元放の魔術で甦った呂布奉先は、洗脳されてしまった呂蒙子明を正気に戻して、消滅してしまう。
彼女は本当に好きなキャラなので消滅はさせないでもらいたかった。
軽い態度をいつもしているニセ左慈元放こと王允子師が、自らの勾玉を付け呂布奉先を止めたのには、彼の成長というものを感じた。それは、孫策伯符に助けられたことを本気でよかったと考えているが理解できるシーンであった。

マクロスF
あまりに2クールで終わらせるには勿体無い作品であった。
マクロスシリーズは無印を最後まで観たことがある。この作品はその無印と比較しても遜色ないどころかはるかに上回ると評価する。
私は、トランスヒューマンな考えに非常に強く賛成しているので、グレースの目指した、人類の究極的な拡張進化に大賛成なのだ。
もっとも本作品上グレースは、悪役なので、人々の生存を安泰にするなんていう温情的行動はかけらもない。
気になるのは、フロンティアの人々にとってグレースが、自分たちを害する存在になったからグレースらを倒さなくてはいけないのは必然になったが、もし、グレースらが、そのような敵対的態度をとったらどうなるのだろうかと考えてしまう。
ここにストーリー上の必然性を感じないところは若干マイナスポイント。
最後の戦いは、グレースらには必然性がない戦いであったと見受けられるからだ。
何か、批判的な言動が多くなってしまっているが、
よい最終回であり、面白く、物語作りの参考にもなる作品であったと評価している。

夏目友人帳
にゃんこ先生が田沼の前で人語を話したため、彼に夏目が妖が見えることがばれる。
そのことがキッカケで夏目の家の藤原夫妻の話をするシーンが好きだ。
その日がお祭りの日だったため夏目と田沼は一緒に祭りを観て回る。
ヒノエや子狐がちょっと登場。
ヒノエはこの作品で私が好きなキャラクターだ。
以前ヒノエが夏目レイコの死を知り、「そうか何と短い……だから好かんのだ 人は」と落胆するシーンはこの作品全話で最も記憶に残るシーンだ。
まったくもって人は短すぎる。最終回の木の上から人を穏やかに見ているシーンは好きだ。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : アニメ

前期アニメ最終回感想集その1

10月はアニメ開始シーズン。
すこし振り返って、ここニ~三週間つまり前期に終わったアニメの最終回の感想をしたいと思う。

狂乱家族日記
人の身では、自称神凶華さまの不安や虚無感というものは理解できないゆえ、なぜ彼女が一時は自らの殺害を望んだが理解出来ないが、
月香の結婚問題も解決し、「なごやか家族作戦」も継続することになり万々歳なエンド。
東方の曲「神様の恋☆」に「神様の恋はいつもはかなくて~」という歌詞があるが、
月香と強欲王の間に紡がれた感情は好ましいもので、神様の恋いいなぁって感じな。
なにより彼ら彼女らは、永遠の愛っての本気で出来るから素敵だ。

ひだまりスケッチ×365
一期と同じくまったく最終回らしくなくフツーな終わり方。
この作品は、どの回からでも見始められるのがいいところです。

ストライクウィッチーズ
最終回の2回前から今まで以上に盛り上がってきていかにもクライマックスな感じだ。
芳佳がネウロイの持つ謎みたいなものに、近付いたが、ネウロイの巣そのものが消滅し、めでたしめでたしで、芳佳は国に帰国して終わり。
去年放送したスカイガールズも似た物語構成なので、同じく2クールあると思っていたが、1クールで終わってしまった事は残念。


著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ




テーマ : 見たアニメの感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

ブログ内検索
リンク
にほんブログ村 漫画ブログへ
月別アーカイブ
フリーエリア