ムシウタ #1感想

特別環境保全事務局(特環)は、レジスタンス組織『むしばね』のリーダー、レイディー・バードの居場所を突き止めた。特環の支部長・土師の命令により、火種一号指定の虫憑き“かっこう”は、桜架東高校に転校生・薬屋大助として潜り込むことになるのだが…。
(WOWOW各話紹介より)

 現実日本とよく似てるが「ムシ」がいる世界。
「ムシ」は見た限り巨大な虫。人に使役されている。
二つの組織が対立してる様子だが、
どちらもなんの目的かまったくわからない。
萌要素とかはまったくない作品。小難しいのが好きな人はいいかもしれない。
ちなみにわたしは小難しいのが好きです。
1話観ただけじゃどうゆう物語か全くわからない。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ムシウタ 感想

ななついろ★ドロップス #1感想

ななついろ★ドロップス #1
『世界で一番星に近い街』と呼ばれるのどかな街。
石蕗正晴(つわぶきまさはる)はそんなのどかな街で普通の高校生活を送っていた。
石蕗正晴は、ひょんなことから魔法のジュースなるものを飲んでしまい。羊のぬいぐるみに変身してしまう。
それを教師のナツメに発見され、魔法の世界からきたナツメは石蕗正晴に元の身体に戻る方法を伝授する。

 なんというか、深夜アニメというより、夕方6時か日曜の朝のアニメみたいで、このノリにちょっとついていけないかもしれない。
まさか、ずーとこの調子ってことはないと願う。
なんというか、ナツメがなんかBLっぽい画なのが、鼻につく。
魔法少女リリカルなのはだって第1話はアレだったし、
今後化けることを期待する。

テーマ : ななついろ★ドロップス
ジャンル : アニメ・コミック

風のスティグマ 12話 「月下の告白」感想

基本煉の成長物語。
テーマ的には、「何かの犠牲なくても人は何かをえられるはずだ」という、鋼の錬金術師で長々と描かれていたテーマをこの数話で凝縮して、さらにこの12話で閉めるという構成なのですが、いかんせんテーマ自体が重いのにそれを数話で凝縮しようというとこに無理があり、やけに軽い。
やけに簡単に煉が悩みを払拭してしまったり、敵があっさり改心したりする。
視聴者には、犠牲がなくても得られるものはあるということを訴えるテーマだったのに、結局、亜由美は自ら煉たちを守るために犠牲になることを選ぶ。
まったくもって、視聴者に何を感じてほしかったのだろうか?
何かの犠牲なくても人は何かをえられる?
やっぱり、犠牲はありうる?
自己犠牲は美しい?
別にテーマなんて物語が面白ければ気にならないものです。
そんなことは物語を創作する人だけが考えていればいいことなのですから。
なのに、こう考えてしまうのは前回今回と物語がつまらなくて違和感を感じたからということのなのです。
煉が成長したのでよかったよかったという気に私はなりませんでした。

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

ブログ内検索
リンク
にほんブログ村 漫画ブログへ
月別アーカイブ
フリーエリア