NHKスペシャル“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言

『NHKスペシャル“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言』(75分)

よく整理された番組で視聴後は頭の中に整理されたマインドマップが出来あがっていたほどだ。私は同番組が提案する政策に賛成だ。

最も重要なキーワードと位置づけられたのが『人への投資』だ。

番組ではこれを実現させる三つの政策を提案。

一つめは『積極雇用政策』、二つめは『生活支援』、三つめは『家庭と仕事の両立』である。

一つめの『積極雇用政策』では、イギリスと日本の政策が紹介された。

イギリスの事例からは就職活動と職業教育を肩代わりして、社会的な効率性を上昇させている組織(企業かNGOかは不明)が紹介された。

日本では多くの若者が一人で個別に就職活動を戦うため莫大な労力を支払わされている。だが、このような組織があれば企業にとっては、人材を見極める作業を減らすことができ、労働者にとっては就職活動の時間や労力を減らし必要な職業訓練に力を注ぐことができるため、社会的にも就職活動をしている人の心理的にも大変望ましいと制度と考えられる。

日本の事例では、OJT(企業内で行われる職業指導)を企業自身ではなく政府が支える事例が紹介された。

企業は今まで雇用してから社員を育てていた。その費用は企業が支払っていた。最近ではそれが学校などで職業訓練を受けるという形態になりつつある。この場合、教育や訓練にかかる費用は就職活動をしている人が支払わされる。(一部は国が支払っている)

今回の事例はさらにもう一歩進んで訓練は企業が行う。その一方で、OJTの費用は国が支払う。企業は訓練終了後に修了者を雇用するか決める。

企業にとっては相手の適正が分かった上で雇用できる。

労働者も仕事内容が分かってから働くことが出来る。

イギリスの積極雇用政策の事例から失業保険制度よりもはるかに効果が高い制度であることが紹介された。



二つめの『生活支援』では、フランスと岡山のある村の政策が紹介された。

社会保障費のうちの多くを高齢者を支えるために使っている日本に対し、フランスでは、子育て世帯に支援することで短い期間に出生率を上昇させることに成功している。このことから、日本も同様に子育て世帯への支援が必要なことが理解できる。

しかし、政策にも費用対効果が求められる。

フランスが子育て世帯に直接お金を渡していたのに対し、岡山のある小さな村ではサービスを渡すことで効率を上げていた。

番組では、7万円もの保育費用に迫られていた夫婦がこの村で8000円と大変安い費用負担で保育サービスを受けることが可能になっていることが紹介された。

考えてみれば当然だが、お金を直接渡したのでは、子育て世帯が適切にそのお金を使うか不明だが、家賃や保育といった子育てにかかるサービスの提供であれば行政サービスの仕事が効率化されていくので低額ですむ。

行政は効率よく子育て世帯を支援することができる。

行政からの直接支援でも子育て世帯の生活を支えることはできるが、不適切にお金を使用する者がどこの世界にもいることを考えれば、出費が抑制されるという上記のような方法のほうが望ましいということが言える。

岡山の村の事例からは、国家財政から予算を分捕り過大な公共事業を行うハコモノ経済から「人へ投資」することで身の丈にあった地方経済への転換が重要であることを教えられた。



三つめの『家庭と仕事の両立』では、ユニクロの事例が紹介された。

労働者は短い時間で働くことができることで、子育てなどのためにフルタイムで働けない人も仕事を続けることができる。

日本の多くの企業ではフルタイムでしか働けないため、「仕事を辞め子育てをする」か「フルタイムで働いた上にさらに子育てもする」といった極端な選択を迫られている。

今後日本の人口が減ることを考えれば「労働のばら売り」であるこれらフレックスタイムな制度は必ず必要だ。



☆他に私の考え

積極雇用政策についての補足なのだが、現在多くの人々は企業が解雇をしにくいようにしようとしているが、すでに企業が国際的に競争している今の時代にそのようなことを求めるのは望ましくない。

解雇も多いがそれ以上に雇用機会も多い社会を目指すべきだ。今までの日本は社会保障を企業が行っていたが、今後は行政が行うべき。

その代わり企業と家庭は増税を受け入れるべきだと考えられる。

これは今回まったくでなかったことだが、日本の高齢者は必要性をはるかに超えた資産をストックしている。このストック資産がわずかでも流動してフローになれば、日本に大きな活力を与えることができる。

ストック資産にはペナルティーを与え、フローにはインセンティブを与えお金の流動性を高める政策を行う必要がある。

岡山のある村の村長のインタビューから、村だったり地区だったりの内側でなるべくお金が回るようにすることが大事だということを気付かされた。

考えてみれば当然な話だ。マクロ経済では、国内で消費が行われれば消費を得た人のお金も多少上昇させる効果がある考える乗数効果というものがある。

ということは、同じ消費であっても輸入よりは、国内品の方が国家経済の利益になるというコトがいえる。(国内品と言ったが、サービスも含むのであってモノに限定はされない。)

国を地域と言い換えれば、地方にも同じことが言える。

だからと言って保護主義はダメではあるが、今後の地方経済を考えるに必要な視点になると考えられる。



今回の番組において「お金がなくて結婚できない」ということを言われていた。このような文脈の考えは他でも聞いたことがある。

だが、正直お金と結婚がどうして関係あるのか理解できない。

同じ家に住めば家賃などを含めた総支出は確実に減るはずだ。

それとも世間では結婚とは「男性が女性を飼い殺ろす」ことを言うのだろうか?

結婚した女性は仕事を辞め、男性に飼われるものだと考えれば、たしかに上記ような考えをするのも理解できなくはない。

だが、今時そんな考えの20代30代などいるのだろうか?

同番組では、仕事が安定しないこと、長年勤めても給料が増えないこと、終身雇用ではないこと、を新しい悲劇であるかのごとく描いていた。

しかし、今までも自営業や俳優や声優や作家などにはそんなものなかった。

考え直すべきは、「人は必ず一つの会社に勤め、終身雇用され、年功とともに給料が上昇し、その間アルバイトや副業といったWワークはしない」といった古い労働観なのではないだろうか。

新しい労働形態を築くにも古い労働観のままでは何も築けない。

読まれましたらクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

tag : NHKスペシャル 積極雇用政策 両立 生活支援 就職活動 OJT 費用対効果 雇用機会 社会保障 ストック

BSアニメ夜話「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」

BSで放送されたBSアニメ夜話第11弾 第三夜「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」を視聴。
脚本家中島かずきさんが登場されたのは、素晴らしい。
監督今石洋之さんのが27話ドリルで(脚本書いて)というぶっとんだ企画案に
(脚本を)受けなきゃよかったって考えたことを告白。
とはいえ、そのような悩みも螺旋力というのを思いついてからは、
これなら27話話しかけるなと思い直し、オレえらいっと思ったそうである。
岡田さんがバカなアニメだと絶賛。
まったくもって同感で、
本当にこの作品はバカ作品なんですが、
バカだからゆえか
バカであるにもかかわらずか
非常に面白いんですよ!!

劇場版の冒頭が、後のロージェノムと深く繋がってるところを
岡田さんが「脚本家は(そこまで)考えるんだよ!」と解説。
モノ書きを志す者として、実によい事を聞けたと思う。

テーマ : 情報番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : NHK アニメ

日本アニメ vs ハリウッド

NHKスペシャル日本アメリカ の第2回日本アニメ vs ハリウッドを観た。
現在ハリウッドから日本アニメは注目されていて、
いくつものマンガが実写映画化が決定している。
不思議なのは、なぜ、ハリウッドは実写化したがるのだろう?
アニメの方がいいのにと思う。
まぁそれはともかく、今実写ではなくCGで鉄腕アトムが作られている。
手塚プロは、過去にアメリカとの契約で手痛い目にあった経験から、デザインや動きの最終決定権を手放さなかった。
これが正しい判断であった。
ハリウッドは当初アトムのデザインを大幅に変更して、手塚プロに了解を取ろうとした。このデザインは、実に酷く。このようなものを平気で許可下りると思っているあたり、アメリカ人が異常センスない証拠だと思う。(~_~;)
ハリウッドはあんなにいい映画たくさん作れるのにアニメだと酷いものしか作れないことは、本当に不思議だ。(?_?)
手塚プロが決定権持っていたのでそのデザインは不許可された。
実によかった。(^_^)v
一方自社でハリウッドに進出してアニメ制作する会社もあるGONZOだ。
アフロサムライをGONZOはハリウッドで作っている。
プレスコと呼ばれるアニメの画より声優の声を先に収録する方法で作られていた。アメリカの声優は、普通の俳優なのでこれは当然だろうと思う。
ハリウッドで制作した場合と言っても作画も監督も日本。収録とか放送と資本などがアメリカというだけ。であるにもかかわらず費用は通常の2倍で苦労は10倍ほどかかるらしい。ハリウッドはどんだけ高コスト体質なのだろうかという気がしてくる。
GONZOスタッフを驚かせたのは、映画制作も終盤になってから有名人のアポが取れたからと声優を変更してしまったこと。
これも話題作りの一環らしい。
でも、声優ってキャラと合っているかで選ぶべきではと思った。
まぁでも、この有名人さんの声とアフロサムライのあるキャラは合っていたとは思う。
GONZOは非常に高い勉強費を払いながら海外進出を計っているんだと思う。
アフロサムライは見た事ないし、あらすじからは興味の湧く内容ではないが、
GONZOにはがんばってもらいたい!!

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ








tag : 日本 アメリカ アニメ ハリウッド 英語 GONZO NHK

水木アニキの話を聴いてアニメやアニソンが大切だと改めて思った

アニソン界のアニキこと水木一郎さんがアニメ系情報番組アニメぱらだいすにゲストに来た回を視聴した。アニキは今年デビュー40周年。どのような経緯でアニメソングを歌うようになったかといった話や今やっている事やこれからやりたい事などのアニキの話を聴いていると、とても心地良い気持ちになる。
「オレが世界中の歌手で一番幸せ」と言う発言は、強く確かな自信がともなっており、心の底からの本心なんだということが強く伝わってくる。
自分が世界で一番幸せだと言える。なんと、素晴らしいことだろうか。

アニキからは発言からも伝わってくるが、
アニメソングやアニメやライトノベルから伝わってくる
あの、何だってできる気持ちにさせてくれる熱くて心地良い感情をなんと表現したらいいのだろうか。
胸を熱くするとか勇気が湧くとかいった陳腐な表現しか出てこない。
表現力のない自分が悔しい。

アニメやマンガやアニメソングやライトノベルは、サブカルチャーと言われている。サブカルチャーって言ってしまうとハイカルチャーに対しての二次的な文化みたいだが、
あの心地のいい熱い気持ちにさせてくれる名前を付けられない感情を伝えることは、ハイカルチャーには絶対ないものだと思うし、
そういった気持ちを伝えることもできないと思う。
こういうアニメやマンガやアニメソングやライトノベルなどでしか伝えられない感情であるとか気持ちは、絶対忘れちゃいけないもので、
子どもだけであるとかではなく、本当に世界中に伝えられるべき価値ある大切な心であると思う。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ





tag : アニメ アニソン

ANIコレ~お試しかっ~

先日テレビ朝日で放送された「もしものシミュレーションバラエティーお試しかっ!芸能界女装して美しい男No.1決定戦」を視聴した。
男性芸能人で女の子の格好をして誰が最もキレイか争う趣向で、今までも2度も行われており、2度とも杉浦太陽さんが優勝している。

私自身が女性のようにキレイになりたいといつも考えていて、
そのために整形も将来したい人間なのでこのような番組は非常に興味がある。
正直こんないい趣向の番組が放送されているのを知らなくて偶然見つけて、すぐ録画した。そのため後半しか見れなかった。
杉浦太陽さんが今回も優勝するのかどうかが注目ポイントとスタッフもわかっているのだろう大物を出場させてきた。
桜塚やっくんだ。
会場の反応はかなりものであった。
だが、いつもが女装なのだから、もっとがんばれなかったのかなと思わずにはいられなかった。
僅差で争われたが今回も杉浦太陽さんが優勝。
前回の第2回の女装決定戦は見たことあるのだが、
その時の方がじゃっかんキレイだったから、私としては少し残念に思った。

最近はテレビでニューハーフの方を見ることが多くなり、
本当にキレイな方がたくさんいらっしゃることに驚かされる。
たくさんのニューハーフの方が整形手術であるとか女性ホルモンを使用しているということをおっしゃっているのを何度か拝見した。
そのようなテレビを見て一つ疑問に思っていたことがある。
女性ホルモンを使わなければ肉体として男性に生まれた人はキレイになれないのだろうかという疑問である。
だが、実際テレビで女装されている芸能人の方は、女性ホルモン使用しないであれほどキレイになっている。
キレイな女性に見えるようになるということに、
女性ホルモンの使用は必ずしも必要なものではないのではないということを改めて思えるようになった。
もちろん、キレイになってる人は骨格的に恵まれているのだろうと思うが、絶対的な差を女性ホルモンの使用が決めるものではないという仮説をたてるには充分な根拠だと感じた。

著者はアクセス数少なくてプチ鬱なのでクリックしてくれるとモチベーションがあがりますヽ(゚∀゚)ノ
にほんブログ村 アニメブログへ



tag : 女装

ブログ内検索
リンク
にほんブログ村 漫画ブログへ
月別アーカイブ
フリーエリア